長時間かけて純天然醸造でつくったみりんです

三州三河みりん

No. W3503700ml¥1,122

在庫988個

数量

カートに入れる

No. W35041.8L¥2,552

在庫998個

数量

カートに入れる

  • こちらの商品はヤマト宅急便でお届けいたします。

生産者: 角谷文治郎商店

愛知県東部の三河地方は、醸造に適した水と温暖な気候に恵まれ、200余年の昔から、みりんの醸造が盛んに行われてきました。
伝統的製法で昔ながらの蔵の中で、素材の持ち味を大切に醸しています。

名称
三州三河みりん
内容量
700ml / 1.8L
原材料
もち米、米麹、本格焼酎
保存方法
常温
賞味期限
1年

古来どおりの純天然醸造

愛知県南部の三河地方は醸造に適した水のよさと温暖な気候に恵まれ、200余年もの昔からみりんの醸造が盛んに行われてきました。
角谷文次郎商店では、厳選された原材料を使い、代々受け継がれた伝統的な手法を守ってみりんを造り続けています。

本来の「みりん」の原料は、もち米、米麹、本格焼酎のみ。蒸したもち米と米麹を焼酎と一緒に仕込み、搾って、長期間の醸造熟成を経た後にみりんになります。
もち米のおいしさを醸造という日本伝統の技で引き出したのがみりんなのです。
しかし昨今は「みりん」と言っても一括りではありません。
一般的に本みりんとして売り出している商品でも、中身を見てみると蒸したもち米と米麹にアルコールおよび水あめを加え、香料を調整して2~3ヵ月という早さで造り上げるものもあります。みりん風調味料に至っては水あめやブドウ糖またはデンプン質の糖化液にグルタミンソーダを中心とする化学調味料やアミノ酸液香料などを混合して造られています。
塩水中でアルコール発酵させて造った調味原液に糖液などを加えた塩みりんや、米の代わりに雑穀で造った糖液にアミノ酸、酸味料を添加した新みりんなどが出回っています。
これらはアルコール分をほとんど含みません。

 

自然派の調味料として最適

もち米を丁寧に醸造して造ったみりんは、砂糖にはない上品でまろやかな甘さが特長です。しかも舌に甘さが残りません。
また、みりんに含まれるアルコールの働きにより、様々な効果が得られるほか、味噌、醤油、酢などほかの醸造調味料と相性が良いのも特色のひとつです。
みりんの効果を最大限に料理で生かすためにも、まず本物のおいしいみりんを使用してください。
ひと口飲んで、おいしいと感じるみりんであれば間違いありません。
三州三河みりんは飲んでおいしいみりんです。

ログイン

パスワードをお忘れですか ?

カート