東京・銀座発祥であるカフェパウリスタの農薬不使用のブラジル産コーヒー

森のコーヒー

No. W7522 200g¥1,047

数量

カートに入れる

No. W7523 200g¥1,047

数量

カートに入れる

  • こちらの商品はヤマト宅急便でお届けいたします。なお土日は発送業務休日となります。
名称
森のコーヒー
内容量
200g
原材料
コーヒー豆(ブラジル産)
保存方法
常温
生産地
ブラジル
賞味期限
1年

生産者とお客様の架け橋になる

「森のコーヒー」のメーカーであるカフェーパウリスタは、“ブラジル移民の父”と呼ばれた水野龍により「ブラジルコーヒー宣伝所」として創業しました。
そこには遠い異国のコーヒー農園で汗を流す、ブラジル移民たちの労苦に報いたいという想いがありました。

“生産者とお客様の架け橋になる。”そんなパウリスタのこころを新しい形で表現したいと考えていたとき、コーヒーの生産者たちとの出会いが待っていました。
彼らの「森のような」コーヒー農園では、自然農法で大切に育てられており、当時においては極めて珍しい、農薬・化学肥料不使用のコーヒーを取り扱うきっかけとなったのです。

こだわり抜いたコーヒーを日々の生活の息抜きや、誰かと一緒に楽しむ時間を彩どるおともとして届けたい。そんな思いが込められています。

これまでも、これからも、コーヒー界を牽引するために

パウリスタはコーヒー文化を日本に初めて発信し、以降国内でのコーヒー人気はあっという間に高まり、ハイカラな西洋文化として熱狂的に支持されていました。銀ブラ(銀座でブラジルコーヒー)の語源になったともいわれています。

1995年以降、外国の大手コーヒーチェーンが日本に進出していきました。
国内のコーヒー事情が変わっていく流れを受け、欧米の大手チェーンにはない価値を模索し、ニッポンの老舗として勝負をかけたのが、この「森のコーヒー」なのです。

味は酸味が爽やかで、甘みがあり、なめらかな質感のあるコーヒーです。熱いうちに半分ほど飲んでいただき、しばらく置いて冷めた状態でも美味しく飲めることができます。コーヒーが苦手な方でも、ブラックで美味しく飲むことができます。

常に新たな可能性に挑戦する姿は、コーヒーにかける情熱そのものです。

(公式サイトより一部転載)

パスワードをお忘れですか ?

Google reCAPTCHA により保護されています。 プライバシー - 規約

カートに商品がありません。