添加物を一切加えず、フィルターも熱処理もしていない本物の自然派ワイン

小公子2021

この商品はただいま在庫切れのためご購入いただけません。

名称
小公子2021
内容量
750ml
原材料
小公子85%、ふじのゆめ15%
保存方法
14度以下での保存をお願いします。
生産地
山梨県山梨市牧丘、岡山県倉敷市
  • こちらの商品は20歳未満のお客様にはご購入いただけません。
  • クール便でお届けします。なお土日は発送業務休日となります。
  • こちらの商品は20歳未満のお客様にはご購入いただけません。
  • 専用梱包箱に入れてクール便でお届けします。なお土日は発送業務休日となります。
  • 酸化防止剤無添加(SO2フリー)につき、14度以下での保存をお願いします。
S(小公子2021)亜硫酸無添加

生産者: ラ・グランド・コリーヌ・ジャポン

■1974年 東京生まれ ■1997年 明治大学理工学部卒業、同年ボルドー大学醸造学 DNO      (醸造士コース)入学 ■1999年 同大学を中退、ボルドーBTSA(醸造栽培上級 技術者養成校)に      入学、2001年同資格取得 ■1999年〜2002年 ギガル社でエルミタ ージュ地区栽培長 ■2002年〜2006年 ドメーヌ・ティエリー・アルマンの栽培長を務める ■2002年 ラ・グランド・コリーヌ社を設立、フランスにおける      日本人の個人ワイナリーのパイオニアとなる ■2013年 『ニューヨーク・タイムズ』(世界版)に取材を受け、      世界の一流レストランでワインが採用される ■2016年 帰国。ラ・ グランド・コリーヌ・ジャポン社を立ち上げ、      岡山県で葡萄栽培とワイン醸造を開始 ■2021年 一般社団法人おかやま葡萄酒園 を設立 ■現 在 日仏でワインづくりのコンサルティングを行う ■訳 書「実りの言葉」(ラ・グランド・コリーヌ・ジャポン、2017年) ■著 書「大岡弘武のワインづくり 自然派ワインと風土と農業と」(エックスナレッジ、2021年9月)

日本ワインの概念を変える

山葡萄は雌雄異株なので受粉が必要なので安定した栽培は難しいですが、
その交配種を使えばその問題も解決できます。
小公子は日本の遺伝子を組み込んだ、露地で有機栽培できる品種です。
ワインはその小公子を作った、山梨の牧丘で完全無農薬で栽培されています。

葡萄をラ・グランド・コリーヌ・ジャポンが岡山で、フランスで培った知識と経験に基づき醸造した
添加物を一切加えず、フィルターも熱処理もしていない本物の自然派ワイン。

葡萄の房を丸ごとタンクにいれて、3週間マセラシオンカルボニックを行い
その後、タンクにはいり、足によって葡萄を潰します。
2日間行った後、タンクから葡萄を取り出し、伝統的な垂直式プレスによって、2日かけてゆっくり圧搾。
ワインはそのまま樽に詰められ、発酵を続けます。
発酵後もそのまま9か月間熟成。
タンクにいったんワインを戻し、味わいを均一化したあと、重力を用いて瓶詰。
フィルターも熱処理もしていない微生物のバランスで味わいが保たれます。
ブラックチェリーやブルーベリーなどの果実やクローヴなどのスパイスの香り。
そのため若々しい果実味溢れる新鮮さとスパイスが綺麗に調和をかもしだします。


アルコール度数:13%

レビュー

レビューはまだありません。

「小公子2021」の最初のレビューを書きませんか?
この商品を購入

パスワードをお忘れですか ?

Google reCAPTCHA により保護されています。 プライバシー - 規約

カートに商品がありません。